女性も水虫になる

水虫の足裏

水虫は男性が感染するものと思われがちですが、女性ももちろん感染します。
水虫は、陰金や田虫と同じ白癬菌という真菌(カビ)の一種が足の皮膚の角質層に繁殖することで発生します。
湿度が高くなると、活発に活動します。
男性と女性の間に足の裏に構造上の違いは特にありません。
ですから足の裏が置かれた条件が同じであれば、性別に関わらず白癬菌に感染し発症します。
これまで、水虫が男性の病気と思われがちだったのは、男性が革靴を毎日長時間履くことが多く、水虫になりやすい環境だったからです。
革靴を長時間履き続けると、靴の中の湿度が上昇し、白癬菌が繁殖しやすくなります。
これが、水虫発生の温床となっていました。
近年、ブーツを履く女性が増えました。
同じブーツを毎日のように長時間履くと、革靴の場合と同じように、ブーツ内の湿度が上昇し、白癬菌が繁殖しやすくなります。
そのため、女性でも水虫を発症するのです。
また、同居人に患者がいるとうつされる可能性があります。
予防方法は、毎日同じブーツや靴を履かず、ブーツ内の湿度が上昇したままにしないこと、毎日足先を石鹸で洗い清潔に保つことなどが挙げられます。
また、水虫になってしまった場合は、皮膚科を受診し、ラミシールやイトリゾールなどの薬を処方してもらうか薬局等で市販薬を購入し患部に塗って治療します。
皮膚科でもらう薬と市販薬では同じ有効成分でも、含有量が違うことがあります。
また、白癬菌は大変しぶといので、長期戦を覚悟して薬を毎日塗り続けましょう。
途中で中断すると、再発するので気を付けなければなりません。
自分は女性だから水虫になるはずがないなどと思い込みを持たず、症状が出たら速やかに治療を開始することをお勧めします。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ