水虫の足裏

水虫は人にうつる病気であるということはよく知られていることです。
そのため水虫を持っている人と同じバスマットで足を拭くのはなるべく避けた方が良いですし、スリッパについてもやはり同じことが言えます。
同じ場所を歩かないなどのように強く嫌悪する必要はありませんが、お互いにうつさない、うつらないように配慮をすることは必要です。
ですがここでよく疑問とされるのが「水虫の感染力」についてです。
これについてはさまざまな見方が出来るのですが、基本的には「感染力はさほど強くない」と考えて差し支えは無いでしょう。
もちろん感染力が弱いわけではないのですが、水虫の原因である白癬菌はじめじめした湿気の高いところを好みます。
冬場のブーツや靴下、バスマットなどで好んで繁殖するのはまさにこの湿気が高いのが理由であり、例えば温泉から上がって白癬菌が付着したバスマットで足を拭いて、その後ですぐに靴下を履くなどのことをしてしまうと感染する確率は高いです。
しかしじめじめとしていない乾燥している環境では白癬菌はほとんど生き残れず、数時間が経過すれば死滅してしまいます
そのため水虫の人がいたとしても、自分が意識して足などをよく乾燥させておけばほとんど感染することは無いと言えるわけです。
またより注意をするのであれば、靴下を脱いだ後やブーツを脱いだ後に足をしっかり洗うようにすると良いでしょう。
白癬菌が表面に付着しても皮膚の奥に入り込むまでには時間がありますから、皮膚の奥に定着してしまうより先にせっけんなどで洗い流してしまえば問題ありません。
まとめると水虫の感染力はさほど強くなく、清潔にして乾燥させておくことで感染は予防できると覚えておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧